クレンジングとは?洗顔との違い・種類・選び方について徹底解説!

クレンジングや洗顔料はたくさんの種類があるので、どれを選べばよいのか迷ってしまうかもしれません。どちらもパッケージやメーカーだけで選ぶのではなく、自分に合うものを選ぶことが大切です。そのためにも、まずはクレンジングと洗顔、それぞれの役割をしっかり押さえておきましょう。この記事では、クレンジングと洗顔の役割や種類、選び方についてご紹介します。

1.クレンジングの目的は?洗顔とはどう違うの?

クレンジングと洗顔、どちらも顔の汚れを落とす点では同じですが、それぞれ目的が違います。はじめにクレンジングと洗顔の違いについてチェックしてみましょう。

1-1.クレンジング

クレンジングとは、油性の汚れであるメイクを落とすためのアイテムです。化粧品はメイク崩れを防ぐために油性基材が多く使われていたり、肌に密着しやすいように粒子が細かくなっていたりします。さらに、肌は皮脂で覆われているため、油分であるメイクはより肌に密着し水を弾いて洗顔料だけではきれいに落としきれないのです。メイクが肌に残ったままの状態にしていると、肌荒れなどのトラブルを招く恐れもあります。メイクと同じ油分や、油性を水性に変える役割の界面活性剤が配合されているクレンジングなら、メイクを浮かせてきれいに落としてくれます。

ちなみに、クレンジングは洗顔の前に行わなければいけません。なぜなら、メイクは肌についている汚れの一番外側にあるからです。はじめにメイクの汚れを落としてから、そのほかの汚れを落としましょう。なお、メイクをしていない日でも、顔に日焼け止めを塗った日はクレンジングが必要です。首や腕など体に日焼け止めを塗った場合は、顔だけでなく体もクレンジングで日焼け止めを落とします。

1-2.洗顔

洗顔はメイク以外の汚れを洗い流します。例えば、夜の洗顔の場合は肌に残っているクレンジングや外気の汚れのほか、雑菌や汗、ホコリなどの汚れです。また、古い角質や皮脂も洗い流せるため、メイクや日焼け止めをしていない日でも夜の洗顔はきちんと行うのがよいでしょう。朝の洗顔では就寝中に分泌された皮脂や寝汗、寝具から発生するホコリやダニを落とします。とはいえ、朝も洗顔料を使ったほうがよいのか、使わないほうがよいのか悩む人も多いかもしれません。夜のお手入れで保湿クリームなどをたっぷり使っている人は朝も洗顔料を使う、乾燥肌の人なら朝は洗顔料を使わずにぬるま湯だけで洗い流すなど肌質や状況に合わせて使用してみてください。

2.クレンジングの種類と選び方

ここからは、クレンジングの種類と、それぞれがどんな人に向いているのかをご紹介します。

2-1.クレンジングオイル

クレンジングオイルはクレンジングのなかでも油分・界面活性剤が最も多く含まれている洗浄力が強いタイプです。油分が多いので、メイクとなじみやすくスムーズにメイク汚れを落とします。メイクをしっかり落とせるというメリットがある反面、乾燥肌の人が使用すると肌の潤いを守るために必要な油分まで流してしまう可能性があるので注意が必要です。皮脂汚れも落としてくれるクレンジングオイルは、もともと皮脂の分泌量が多いオイリー肌の人やしっかりメイクをしている人に向いています。

2-2.クレンジングリキッド

クレンジングリキッドは主に水でできているサラッとしたテクスチャーのクレンジングです。水がベースというと刺激が弱い印象を受けるかもしれませんが、水はメイクの油分としっかりなじみません。そのため、メイクとなじみやすくするために界面活性剤が多めに使われている傾向があります。洗浄力はクレンジングオイルと同じくらい強いので、肌が敏感な人は注意が必要です。とはいえ、ベースは水を使っているため油分を奪いにくく、乾燥肌の人には向いています。乾燥肌でしっかりメイクをしている人は、クレンジングオイルよりもクレンジングリキッドがおすすめです。

2-3.クレンジングミルク

クレンジングミルクはアイテムによって割合が異なるものの、油分と水分が含まれているクレンジングです。油分が多めか水分が多めかによって多少違いますが、基本的に洗浄力はマイルドでメイク落ちも控えめになっています。しっかりメイクは落ちにくい反面、肌へのダメージが少なく肌トラブルや乾燥が気になる人にはおすすめです。ナチュラルメイクの人やメイクをしていない日の日焼け止めを落としたいときに向いています。

2-4.クレンジングクリーム

クレンジングクリームも油分と水分の両方が含まれていて、洗浄力は中程度のクレンジングです。メイクとなじませるのには少し時間がかかりますが、その点を活かしてマッサージをしながらクレンジングができるタイプもあります。また、界面活性剤が少ないので肌に優しく、クレンジング後には肌がしっとり。クレンジングクリームは普段使いにおすすめのクレンジングです。さらに、拭き取りタイプと洗い流せるタイプがあるので、使いやすいほうを選びましょう。ただし、拭き取りタイプは拭き取る際に肌に刺激を与えてしまう可能性があるので、敏感肌や肌トラブルがある人は洗い流せるタイプのほうがおすすめです。

2-5.クレンジングシート

クレンジングシートはシートにクレンジング液を染み込ませたタイプです。拭き取るだけでメイクを落とせるので便利ですが、肌への負担は大きく普段使いにはおすすめできません。また、メイクの濃さによっては1度拭き取っただけでは落ちないこともあり、何度も肌を擦ることでより刺激を与えてしまいます。手軽に使える部分は大きなメリットなので、旅行先や疲れて帰ってきた日など特別な事情があるときのみ使用するよう心がけましょう。

3.クレンジングと洗顔のダブル洗顔が必要な理由

クレンジングで汚れを落とすのなら、その後の洗顔は必要ないのではと疑問に思う人もいるかもしれません。確かに、クレンジングだけでも汚れは落ちそうですが、クレンジングは油性の汚れを、洗顔では水性の汚れを落とすため、それぞれ役割が異なります。そのため、はじめにクレンジングでメイク汚れを落としておき、それから洗顔で肌に残っている皮脂や汗などを落とすことで清潔な状態にできるのです。ただし、クレンジングも洗顔も、間違った方法では肌への負担となってしまいます。クレンジングや洗顔の際は、肌をこすらずに優しく行うことが大切です。

4.ダブル洗顔不要のクレンジングとは

クレンジングのなかには、ダブル洗顔が不要のクレンジングもあります。メイクとそれ以外の汚れを1度で洗い流せるので手軽なうえに時短にもなる便利なアイテムです。ただし、通常のクレンジングよりも洗浄力が低いものが多いため、メイクの濃さによっては落としきれない可能性があります。また、洗浄力が低いため肌を擦ってメイクを落とそうとしてしまいがちなので、力を入れずに使用するよう注意しなければいけません。ナチュラルメイクの日はダブル洗顔不要のクレンジングのみ、しっかりメイクの日や油分が気になる日はダブル洗顔をするなど、使い分けるのもおすすめです。

5.クレンジングの使い方

クレンジングは乾いた手や肌で使うと実力を発揮しやすくなります。濡れた手でも使えるタイプがありますが、メイクをしっかり落としたい場合は乾いた手で使いましょう。また、アイメイクやリップなどのポイントメイクはポイントメイクリムーバーで先に落としておきます。ポイントメイクは落ちにくいうえに、クレンジングと一緒にラメや繊維を広げて肌を傷つけてしまうことがあるからです。まつ毛の際など細かい部分は綿棒にポイントメイクリムーバーを染み込ませて使うと、まつ毛の隙間を埋めたアイラインなども残りません。

ポイントメイクを落としたらクレンジングを手のひらにとり、面積の広い頬や額にのせて優しくなじませていきます。小鼻の脇など細かい部分は指先で円を描くようになじませます。クレンジングの使用量が少ないと肌を摩擦してしまうため、パッケージに記載されている量を守るのがポイントです。長時間クレンジングを肌の上にのせておくと肌に負担がかかるので、丁寧にメイクとなじませつつ素早く作業を行いましょう。クレンジングを肌にのせている時間の目安は1分以内です。クレンジングとメイクがなじんだらぬるま湯でよく洗い流します。冷たすぎる水だと汚れが残りやすくなり、熱すぎるお湯だと肌に必要な油分まで洗い流してしまうため、ぬるま湯で洗い流すことが大切です。

肌質やメイクの濃さに合ったクレンジングを使おう!

クレンジングにはさまざまな種類があり、それぞれ特徴や合う人が異なります。自分の肌質やメイクの濃さに合わせて選んでみましょう。なお、クレンジングを選ぶなら、美容大国韓国発のアイテムにも注目です。オイルやミルク、クリームといった種類がそろっているだけでなく、素材や成分にこだわったアイテムが豊富にあります。「KOREAJU」では韓国発のクレンジングをたくさん紹介しているのでチェックしてみてください。