コンシーラーの使い方まとめ!クマやニキビなど肌悩みを上手にカバーしよう

コンシーラーは、下地やファンデーションだけではカバーしきれない肌悩みを隠してくれる便利なアイテムです。しかし、使い方を間違えると厚ぼったくなったり不自然に見えたりして、カバーしたい部分が悪目立ちしてしまいます。コンシーラーの力を最大限に引き出すには使い方のコツを知ることが大切です。肌悩みを上手にカバーするために、コンシーラーを使う際のコツを確認しておきましょう。

1.コンシーラーとは?2種類のタイプを知ろう!

コンシーラーは大きく分けると「スティックコンシーラー」と「リキッドコンシーラー」の2種類があります。まずは、それぞれの特徴からご紹介します。

1-1.スティックコンシーラー

スティックコンシーラーはフィット感とカバー力どちらも高いのが特徴です。リップスティックのような形状になっており、気になる部分に直接塗り指でなじませて使います。ニキビやシミなど狭いスポットをカバーする際は、チップを使って気になる部分にのせると使いやすいでしょう。頬など広範囲で使いたい場合は、気になる部分に何本か線を引いてそこから少しずつぼかしていきます。上手に使えば狭い範囲でも広い範囲でもカバーできるようになるので持っていると便利です。

1-2.リキッドコンシーラー

リキッドコンシーラーはカバー力が少し低めですが、ちょっとした肌悩みであればしっかり隠れる上に肌なじみがよいので仕上がりが自然です。また、保湿力が高く、乾燥が気になる目元や口元をカバーしたいときにも向いています。チップやブラシで塗る形状が多く、テクスチャーはゆるめのものから硬めのものまであります。テクスチャーがゆるくなるほど薄付きの傾向があるので、使い心地やカバー力で選んでみてください。自然にカバーできるため、ナチュラルメイクの人やコンシーラー初心者にもぴったりなタイプです。

2.ファンデの前?後?コンシーラーを使う順番について

コンシーラーを使う際は下地やファンデーションの前と後のどちらに使えばよいのか悩むところです。実は、コンシーラーを使う順番はファンデーションの種類によって異なります。リキッドファンデーションを使っている場合は、下地とファンデーションを塗った後にコンシーラーを使いましょう。最後にフェイスパウダーをそっと重ねれば崩れにくくなります。BBクリームを使っている場合も同じで、BBクリームを塗った後にコンシーラーを使います。

パウダーファンデーションを使っている場合は化粧下地を塗った後にコンシーラー、最後にファンデーションという順番です。ファンデーションの後にコンシーラーを使うと不自然な仕上がりになるので、使う順番に注意しなければいけません。また、コンシーラーを塗った場所を強く擦るとコンシーラーが取れたり、メイクがヨレてしまったりしてしまいます。コンシーラーを塗った場所は擦らないように、ファンデーションは優しく肌にのせてみてください。

3.色に注目しよう!コンシーラーの選び方

コンシーラーは色の選び方も重要なポイント。多くのコンシーラーはベージュ系ですが、ベージュといっても白っぽいベージュや濃いベージュなどさまざまです。色白な肌なら白っぽいベージュ、日焼けした肌なら濃いベージュなど自分の肌の色味に合ったものを選びます。また、肌悩みによってはオレンジ系やイエロー系のコンシーラーが向いていることがあります。なぜなら、カバーしたい肌悩みの補色を使えば、自然に肌悩みを隠せるからです。

ちなみに、同じような色味でも、色の明るさによって仕上がりが異なります。例えば、自分の肌よりも明るめの色を使うと立体感が生まれてふっくらとした印象になります。逆に自分の肌よりも少し暗めの色を使うと肌悩みが自然にカバーできるのです。肌色を均一に見せたい場合は、自分の肌と同じ明るさのものを選びましょう。

4.肌悩み別!コンシーラーの上手な使い方

ここからは、ニキビやクマなど肌悩み別にコンシーラーの上手な使い方をご紹介します。

4-1.ニキビ

ニキビをカバーするコンシーラーは、薬用成分が配合されているミネラルコンシーラーなどを使い、肌に刺激を与えないようにしましょう。ニキビを覆うようにひと回り広めにコンシーラーをのせ、指で優しくぼかしてなじませます。ニキビは面積が小さいので、少し厚塗りになっても問題はありません。自分の肌に近いベージュ系のほか、赤みが強い場合はイエロー系のコンシーラーが向いています。

4-2.クマ

目元は皮膚が薄く乾燥しやすいためリキッドコンシーラーを使いましょう。クマの上に3~4カ所、点状にコンシーラーをのせて目元から目尻に向かって指で優しくなじませていきます。最後にスポンジで軽く押さえるとムラがなくなり、より自然な仕上がりになるので試してみてください。なお、クマをカバーするコンシーラーの色はクマの種類によって異なります。青クマならオレンジ系、茶クマにはイエロー系、黒くなっているクマにはベージュです。自分の肌の明るさよりも暗い色を使うと、目立ってしまう可能性があるので明るさも意識しましょう。

4-3.シミ・そばかす

シミ・そばかすは、それぞれコンシーラーの種類を変えます。大きなシミや濃いシミにはカバー力の高いスティックコンシーラーを、広範囲にあるそばかすをカバーしたい場合はリキッドコンシーラーを使いましょう。シミはカバーしたい部分よりもひと回り広めにのせます。塗るというよりもコンシーラーでシミを軽くたたくようにのせるのがコツで、肌とコンシーラーの境目のみを指でぼかしていきます。コンシーラーを塗った部分が浮かないように、自分の肌の色よりも少し暗めのものを選ぶのがポイントです。広範囲のそばかすはリキッドコンシーラーを線状に伸ばし、指先で優しくなじませていきます。美容成分などが配合されているものなら肌の乾燥も防いでくれます。

4-4.毛穴

毛穴をカバーしたい場合は、凸凹を埋めるために硬めのスティックコンシーラーを選びます。頬の毛穴を埋めるには一定方向から塗り込むよりも円を描くようにあらゆる方向から塗り込むのがコツです。コンシーラーをぼかす際は、指を下から上に向けて動かすイメージでなじませていきます。小鼻の毛穴が気になる場合は、小鼻の周りにコンシーラーを塗り指の腹で円を描くようになじませていきましょう。コンシーラーを塗ることで毛穴落ちしないか心配になるかもしれませんが、メイク前にしっかり保湿をしておけば心配いりません。

4-5.赤み

小鼻の赤みをカバーしたいときは、赤みが気になる部分にコンシーラーをのせて指で軽くたたきこむように広げていきます。小鼻の周辺は皮脂分泌が盛んでヨレやすいので、肌なじみのよいリキッドコンシーラーを薄く伸ばしましょう。範囲が広い頬の赤みが気になる場合は、スティック状のコンシーラーをブラシで塗ってカバーすることも可能です。厚塗りにならないよう、コンシーラーをブラシにとったら手の甲で軽くなじませて赤みが気になる部分にそっとのせていきます。肌に近い色を選ぶと自然に仕上がりますが、赤みが強いようであればイエロー系のコンシーラーで自然にカバーできます。

4-6.くすみ

くすみをカバーして肌を明るく見せたい場合は、水分の多いリキッドコンシーラーが向いています。コンシーラーでくすみをカバーすると共に、肌がうるおい明るく見えるようになるからです。コンシーラーを指にとり、くすみが気になる部分にのせて優しく押さえながら馴染ませましょう。肌よりも少し明るめの色を選ぶと自然にカバーできます。

5.コンシーラーを使うときのポイント!

コンシーラーを使うときには3つのポイントを意識しましょう。

1つ目のポイントは「少しずつ重ねる」ことです。シミなどのごく狭い範囲をカバーする場合は多少厚めになっても違和感はありませんが、クマや毛穴などを厚塗りしてしまうとコンシーラーが浮いて不自然な仕上がりになってしまいます。コンシーラーは薄く塗ってもカバー力はあるので、少しずつ重ねながらなじませましょう。

2つ目のポイントは「乾燥を防ぐ」ことです。コンシーラーを塗った部分が乾燥すると、不自然に浮いて見えてしまうことがあります。また、ヨレたり小じわが目立ったりすることもあるので、保湿をしっかりしてから使用するか保湿力が優れているコンシーラーを使用すると安心です。

そして、3つ目は「お直しのやり方に注意する」ことです。汗や皮脂でメイクが崩れたときはそのままコンシーラーを使うのではなく、汚れをオフしてから使います。ティッシュで軽く押さえるほか、思い切って崩れた部分を乳液でオフしてしまってもよいでしょう。肌をきれいにしてからコンシーラーを塗り、フェイスパウダーを重ねるとお直しの仕上がりに差が出ます。乾燥してメイクが崩れた場合は、化粧水やクリームで保湿をしてからコンシーラーやフェイスパウダーを重ねていくのがポイントです。

肌悩みに合わせて上手にコンシーラーを使おう!

肌悩みがあるとメイクをしても隠し切れずに心までモヤモヤしてしまいがちです。しかし、コンシーラーをうまく使えば、ニキビやクマなどの悩みをカバーして理想の肌に近づけます。心からメイクを楽しむためにも、自分に合ったコンシーラーを探してみましょう。「KOREAJU」では、韓国発のコンシーラーをご紹介しています。成分や使用感、使いやすさにこだわったコンシーラーをチェックしてみてください。