乾燥肌の原因や対処法・対策は?顔の乾燥が気になる方におすすめのコスメ

空気が乾燥する冬場はもちろんのこと、夏でもエアコンによって肌の乾燥が引き起こされ、肌荒れに悩まされている人は少なくないでしょう。肌の乾燥は放っておくと肌荒れだけでなくかゆみや炎症も引き起こしかねませんから、適切な対処をするべきと言えます。そこで今回の記事では、乾燥肌の原因やそれに合わせた対処法など、詳しく解説します。

1.そもそも乾燥肌はなぜ起こる?

肌は表皮、真皮、皮下組織の3つの層で構成されており、それぞれの層に水分が蓄えられています。特に、一番外側の表皮には水分だけでなく皮脂もあり、水分と皮脂が皮脂膜を形成して肌内部の水分を逃さないようにバリア機能を果たしています。それだけでなく、アレルゲンの侵入など外部刺激からも肌を守る役割があり、肌の健康を守るのに非常に重要な層です。この表皮のバリア機能が何らかの原因でうまく働かなくなると、外部からの刺激に耐えられなくなり、内部の水分や脂質が失われていきます。これが、乾燥肌と呼ばれる状態です。

バリア機能が乱れる原因はいろいろあります。空気の乾燥もそのひとつで、冬になると肌が乾燥しやすくなるのはそのためです。ほかにも、肌のターンオーバーの乱れも主な原因のひとつといわれています。通常、肌は新陳代謝によって一定のサイクルで新しい肌へと生まれ変わっており、この仕組みのことをターンオーバーといいます。ターンオーバーが乱れると、肌にダメージが蓄積されやすくなり、バリア機能が低下して乾燥を招くことがあるのです。ターンオーバーの乱れは、偏った食生活や寝不足といった生活習慣の乱れ、ストレスなどによって引き起こされます。肌の健康のためにも、規則正しい生活は非常に重要なことと言えるでしょう。

2.乾燥肌の原因と考えられる要因

空気の乾燥による乾燥肌は冬場だけの問題ではありません。オフィスや電車内、家の中などクーラーの効いた室内で過ごすことが多い夏にも注意が必要です。クーラーは熱い空気をその内部に取り込み、熱のみを外に逃がすことで室内を冷却していますが、空気を取り込むときに実は水分も一緒に取り込んでいます。そのため、長時間使用していると空気が乾燥してしまい、肌にもダメージを与えてしまうのです。

また、紫外線も乾燥肌の原因になることがあります。紫外線はシミやシワなどの原因になることはよく知られていますが、そのダメージは肌の奥、真皮にまで到達して肌のバリア機能を低下させてしまうことがあるのです。摩擦もまた肌のバリア機能を低下させる原因のひとつです。洗顔時にゴシゴシと顔をこすっていると、その刺激によって肌がダメージを負うことがあります。加えて、熱いお湯で洗顔する、洗浄力の強いせっけんを使うなどの間違ったスキンケアによって引き起こされる乾燥もあります。こういったスキンケアは肌表面の必要な脂質まで流してしまい、肌を無防備な状態にしてしまうおそれがあるのです。

ほかにも、食生活が乱れると肌の健康を保つために必要な栄養素が足りなくなったり、睡眠不足が続くと自律神経が乱れてターンオーバーが滞るようになったり、乾燥肌の原因はいろいろとあります。加齢によって潤い成分が分泌されづらくなることでも乾燥は進みますから、その原因をひとつに絞ることはなかなか難しいことです。生活全体を見直し、肌に負担をかけているのは何なのかを丁寧に分析する必要があると言えるでしょう。

3.乾燥肌の対処方法

乾燥肌が進むと、洗顔後や入浴後に肌がつっぱったように感じたり、カサカサしたりするようになります。特に肘やかかとといった普段から摩擦の多い箇所は乾燥が進みやすく、白っぽくなったり粉をふいたりすることがあります。さらに乾燥が進むと、表面がゴワゴワとしてめくれてきたり、かゆみを伴ったりするようになるのが乾燥肌の特徴です。こういった症状に対処するには、失われた水分を補ってあげることが重要です。保湿クリームやジェルを使って、肌表面に潤いを与えてあげるようにしましょう。特に、ヘパリン類似物質などが配合されている商品なら、乾燥肌への効果が期待できます。

ただし、そういった商品であっても自分の肌に合わないものを選んでしまうと肌に負担をかけてしまいます。まずは少量を使ってみて、異常がないことを確認してから全体に使うようにしましょう。このように肌の保湿をしていても、なかなか症状が治まらない場合には皮膚科の受診も検討する必要があります。実は、単なる肌のトラブルではなく、ほかの疾患が隠れていることもあるからです。まずは皮膚科医に見てもらい、必要に応じて専門医に見てもらいましょう。仮に、そういった問題が見つからなくても専門家から乾燥肌に対する適切なアドバイスがもらえるはずです。セルフケアで症状が改善しない人は、ぜひ皮膚科の受診を検討してみてください。

4.乾燥肌の予防方法

乾燥肌に適切な対処をすることも大切ですが、そもそも乾燥肌にならないように気をつけることも重要です。日々の生活のなかで、どんなことが乾燥肌の予防につながるのかを見ていきましょう。

4-1.生活習慣

乾燥肌予防としては、まずはなるべく乾燥した環境に身を置かないことがポイントです。冬場には暖房と一緒に加湿器を使うなどして、室内の湿度をなるべく60%ほどにキープするようにします。加湿器がない場合は、濡れタオルを干したり入浴後に浴室のドアを開けっぱなしにしたりするのも乾燥対策として有効です。また、バランスのとれた食事も乾燥肌予防に役立ちます。暴飲暴食は避ける、無理なダイエットはしないなど、基本的なことではありますが、ぜひ日々の生活を見直してみてください。特に、肌を作る成分であるたんぱく質、新陳代謝を助けるビタミンやミネラルを積極的に摂るように心がけましょう。新陳代謝は夜間に活発になりますから、十分な睡眠をとることも重要です。

4-2.スキンケア

自分に合ったスキンケアをすることも肌を健康に保つには大事なポイントです。特に敏感肌の人は、ちょっとした刺激で肌が荒れてしまうことがあるため、注意して選ぶ必要があります。安全性が高く、敏感肌でも使えるものを選ぶようにしましょう。顔を洗うときには、たっぷりの泡で包み込むように洗います。手でゴシゴシこすってしまうと摩擦によるダメージが蓄積するおそれがあるため“手で洗う”のではなく“泡で洗う”ようにしましょう。余分な皮脂まで落とさないように時間をかけすぎず、ぬるま湯で洗い流します。洗顔後にはすぐ保湿をします。化粧水、パック、美容液、乳液など複数のアイテムを使って肌に潤いを与えてあげましょう。

5.乾燥肌の人におすすめの韓国コスメ

ドラッグストアや化粧品専門店に行けば、保湿に特化したアイテムがいろいろと販売されており、そこから自分に合ったものを探すことができます。特に、美容大国である韓国のコスメには注目すべきアイテムがいろいろとあります。たとえば「VT シカクリーム」は荒れた敏感な肌のためのクリームとして人気です。肌馴染みがよく、ベタつく感じが少ないため昼間にも使いやすいアイテムです。

シカクリーム
VT Cosmetics
シカクリーム
¥2,730(税込)


また「スーパーヒアルロンスリーピングマスク」もおすすめです。ガンマ-PGAと8種のヒアルロン酸が加わり、保湿!1日1包デイリーケアにぴったりな水分チャージスリーピングパックで、乾燥した肌の表面に潤いを与えてあげることができます。面倒くさがりな方でも楽チンに、寝ながらケアして肌の保湿ができます。

スパーヒアルロン
VT Cosmetics
スーパーヒアルロンスリーピングマスク (20個入り)
¥2,530(税込)

ここで紹介したのはほんの一例で、ほかにも乾燥肌の人が使いやすい韓国コスメはいろいろとあります。乾燥肌に悩む人は、ぜひ韓国コスメに注目してみてください。

習慣とスキンケアの両面を見直そう

乾燥肌は、肌のバリア機能が低下したときに引き起こされます。その原因は、乾燥や摩擦といった外部からの刺激に加え、生活習慣の乱れや間違ったスキンケアにもあります。日々の生活を振り返り、肌のバリア機能を低下させるようなことをしていないか見直してみましょう。また、スキンケアアイテムはぜひ韓国コスメに注目してみてください。美容大国、韓国のコスメなら、きっとあなたに合ったアイテムが見つかるはずです。