そもそも乳液とは?化粧水とはどう違う?種類や選び方について知ろう!

基礎化粧品のひとつである乳液は多くの人が使用している身近なアイテムといえます。とはいえ、なぜ乳液が必要なのか、どんな種類があるのかについてはよく知らないまま使用している人も多いのではないでしょうか。そこで、この記事では乳液の効果や役割をはじめ、選び方について詳しく解説していきます。自分に合った乳液を見つけて、理想の肌に一歩ずつ近づいていきましょう。

1.乳液の効果や役割は?

そもそも、乳液とはどうして使うのでしょうか。乳液には水分と油分が含まれており、化粧水などで肌に与えた水分が蒸発しないよう、油分で膜を作ってうるおいを守る役割があります。そのため、乳液は肌の水分保持力を高めるために欠かせないアイテムです。また、肌には適度な油分も必要です。乳液はわたしたちの肌に必要な油分を与えてくれる役割もあります。乳液に含まれる適度な油分には、肌を柔らかくする柔軟作用も期待できるのです。ちなみに、化粧水は肌に水分を与える目的で使用するため、乳液とは役割も目的も異なります。

なお、クリームも乳液と同じように水分の蒸発を防ぐ目的で使用するアイテムなので、どちらを使用するか迷う人もいるかもしれません。乳液とクリームの目的は同じですが、含まれている油分の量やテクスチャーが異なります。乳液は水分と油分がバランスよく配合されており、とろみのあるテクスチャー。一方、クリームは油分が多く含まれていて、こっくりとしたテクスチャーです。乳液は軽いつけ心地でクリームはよりしっとりとした仕上がりになるので、好みに合わせて選べるように両方発売しているメーカーも少なくありません。基本的にはメーカーが推奨している使い方に従うのがおすすめですが、季節や肌の状態によって使い分けすることも可能です。

2.乳液にも種類がある!それぞれの特徴を見てみよう

実は、乳液にはいくつかの種類があります。ここからは乳液の種類や特徴をご紹介します。

2-1.保湿乳液

一般的に「乳液」と呼ばれているものは、保湿乳液のことを指します。化粧水の水分で満たされた肌のうるおいをキープするために、油分で蓋を目的で使用されるのが保湿乳液です。保湿乳液の種類もさまざまで、美白を目的とした美容成分が含まれているもの、水分と油分のバランスを変えた朝専用・夜専用のものなどもあります。例えば、同じラインで朝専用・夜専用の乳液が発売されている場合は、きちんと使い分けたほうがよいでしょう。なぜなら、水分と油分のバランスや、含まれている成分がそれぞれ使用する時間帯に適した配合になっているからです。

2-2.UV乳液

UV乳液は保湿乳液の効果だけでなく、紫外線対策もできる朝用乳液のことです。一般的な保湿乳液を朝に使用すると、スキンケアの後に日焼け止めを塗り、そのあとにメイクをするという工程になるので手間がかかります。忙しい朝の時間帯はなるべくスムーズにスキンケアからメイクまで終わらせたいもの。そこで便利なのがUV乳液です。肌の保湿をしながら紫外線をカットして、気になるシミやしわを防いでくれます。紫外線カットの目安となるSPFやPAのレベルを幅広く選べるのもポイントです。ただし、UV乳液は日焼け止めも兼ねているため、メイクをしなかったとしてもクレンジングで落とさなければいけません。

2-3.ティント乳液

ティント乳液はほんのり色がついている乳液で、肌を明るく見せてくれます。保湿乳液としての役割とトーンアップ効果があるので、化粧下地としても使用できる朝用乳液です。ベージュ系やピンク系の色で自分の肌の色味に合わせて選べます。なかには紫外線対策ができるタイプもあり、ティント乳液1本で手間も時間も省けます。休日に友達が遊びに来るものの、すっぴんは気が引けてしまう、ちょっとコンビニまで出かけるかもしれないという日にも便利です。ファンデーションのようにしっかりしたカバー力があるわけではないのですが、ナチュラルなのでアイメイクなどをしていなくても違和感がありません。

3.乳液の選び方は?肌質に合わせよう!

乳液は自分の肌質に合わせて選びます。オイリー肌の人はしっとりタイプの乳液を使用するとべたついてしまうため、油分の少ないさっぱりタイプの乳液を選びましょう。混合肌の人は季節や部位によってさっぱりタイプとしっとりタイプを使い分けます。例えば、夏はさっぱりタイプの乳液で冬はしっとりタイプの乳液、夏でもエアコンで乾燥しやすい目元や口元にはクリームを重ねづけするといった工夫が必要です。乾燥肌の人には、高い保湿効果が期待できるセラミドが配合されている高保湿タイプの乳液をおすすめします。乳液だけでは足りない場合、クリームもセットで使用してみてください。

それから、敏感肌の人は無添加タイプやアレルギーテスト済みのものを選びます。肌への刺激となる石油系界面活性剤や合成香料、合成着色料などを使用していない乳液が安心です。

4.乳液の正しい使い方

ここからは、乳液の正しい使い方をご紹介します。

4-1.まずは塗る順番を守ろう

スキンケアアイテムは正しい順番で使用しなければ、保湿力がダウンしてしまいます。乳液は朝なら洗顔後、夜であれば入浴後や就寝前のスキンケアをするタイミングで使用しましょう。使用する順番は、化粧水や美容液の後です。油分で蓋をする役割がある乳液を先になじませてしまうと、水分である化粧水や美容液が肌に浸透しにくくなってしまいます。水分や美容成分をしっかり肌に与えてから仕上げに乳液で蓋をしなければいけません。

ただし、アイテムによっては乳液を導入液のような形で最初に使用するものもあります。導入液として使用する乳液は、保湿を目的とする乳液とは水分や油分の配合が異なるので説明書を確認してから使用してみてください。また、美容液のなかには保湿に特化したアイテムもありますが、美容液は基本的に水分が主体になっているため油分である乳液は必須です。乳液とクリームを両方使用する場合は、乳液の後により油分が多いクリームをなじませましょう。

4-2.目安量を取ってやさしくなじませる

乳液はアイテムの説明書に記載されている目安量を守ることが大切です。少なすぎると、保湿力がダウンしたり肌を摩擦してしまったりするからです。基本的には10円玉大くらいの量が目安で、肌になじみやすくなるように乳液を手にとったら手のひらを合わせて軽く温めてから使用します。なじませる際は顔の中心から外側に向かって、両手のひらを使い優しく伸ばしましょう。

4-3.摩擦はNG!塗る場所により量も調整しよう

乳液を伸ばす際は、肌を擦らないように注意します。洗顔後の肌は敏感になっているため、必要以上に刺激を与えてはいけません。乳液で肌がなめらかになると、そのままマッサージができそうですが、乳液の油分だけでは肌を摩擦してしまいます。マッサージをするのであれば、乳液の後にマッサージ専用のクリームを使用してマッサージをしましょう。また、乳液を塗る量は10円玉大が目安となりますが、塗る場所によって量も調節が必要です。額から鼻にかけてのTゾーンは皮脂の分泌量が多いので、乳液の量は少なめに、乾燥しやすい目元や口元は少し多めにするよう意識しましょう。

手のひらで伸ばす際に、乾燥しやすい頬から広げて最後にTゾーンに手のひらを当てれば自然と少なめになります。目元や口元など、乾燥が気になる部位は重ねづけをして量を調節してみてください。なお、季節や体調によっても量を調節する必要があります。例えば、普段は目安の量を使用して乾燥しやすい季節であれば少し多めに、皮脂の分泌量が多い生理前の時期は目安の量より多くならないように意識します。

正しく使って乳液の効果を十分に引き出そう!

乳液は肌質や肌の状態を考えながら正しく使用すれば、効果を最大限に引き出せます。一般的な保湿乳液やUV乳液、ティント乳液のほか、さっぱりタイプやしっとりタイプなど乳液の種類は多種多様です。韓国コスメサイト「KOREAJU」なら、肌悩みに合った乳液を探せます。美容大国といわれる韓国ならではの、こだわりの乳液で理想の肌に近づいていきましょう。