美容液とは?化粧品・乳液との違いや使い方・おすすめ美容液を紹介

普段のスキンケアに美容液を取り入れている人も多いでしょう。しかし、美容液の役割や適切な使い方、他のスキンケアアイテムとの違いなどを十分に理解せずに使っているケースが少なくありません。美容液をより効果的に使い美肌づくりに役立てるためには、美容液の役割と正しい使い方についてしっかり押さえることが大切です。ここでは、美容液の役割や使い方のポイントなど美容液の基本とおすすめの韓国発の美容液を紹介します。

1.美容液とはそもそも何?

毎日のスキンケアで使う化粧水や乳液といった他のスキンケアアイテムとの違いや美容液の持つ役割など、美容液の基本について解説していきます。

1-1.美容液の役割

スキンケアで使用するクレンジング、洗顔料、化粧水、乳液、クリームといったアイテムはベーシックケアで主に使用します。クレンジングや洗顔で肌の汚れを落とし、化粧水や乳液、クリームでうるおいを補給するのが一般的なスキンケアのやり方です。一方で、美容液とは肌のトラブルや悩みに合わせて、ベーシックケアにプラスして行うスペシャルケアに使用するアイテムのことです。

美容液と一口に言っても、美白に特化していたり、シワにアプローチしたりと、たくさんの製品があるだけでなく製品によって使用目的や配合成分が異なります。中には作用の強さが医薬品と化粧品の中間に位置付けられている医薬部外品に該当する製品もあります。配合成分や主な使用目的が異なっていても、保湿と美容成分を補うことが美容液の主な役割です。

1-2.化粧水や乳液との違い

ベーシックスキンケアで使用する化粧水は、洗顔後にうるおいが不足したデリケートな状態の肌に水分を与える役割があります。油分と水分がバランスよく配合されている乳液は、肌表面に油膜をつくり化粧水で肌に与えたうるおいを閉じ込めます。ベーシックスキンケアを正しく行うことにより、皮膚の水分だけでなく、水溶性と油溶性の成分を適切に保ち、肌のバリア機能を整えています。

2.美容液の使い方

美容液は正しく使用しないとその効果を十分に実感できないため、具体的な使い方をしっかり押さえておきましょう。

2-1.美容液を使う順番

美容液はベーシックスキンケアに取り入れますが、使う順番を守ることで効果アップが期待できます。化粧水、美容液、乳液の順番に使う製品がほとんどですが、製品によって使い方が異なるため説明書をよく読み従うことが大切です。中には、洗顔直後の肌やベーシックスキンケアの仕上げとして使う場合がありますが、その製品の効果を最大限引き出すための使い方なので必ず順番を守りましょう。特に、新しい美容液を使うときは順番を間違えやすいので注意が必要です。

2-2.ポイントと注意点

美容液をベーシックスキンケアに取り入れることで、肌をよりよい状態に導けます。美容液の効果を引き出すためにも、美容液の効果を高めるポイントや使用時の注意点について理解しておきましょう。美容液の成分を肌の奥にまで浸透させるために、美顔器とセットでの使用がおすすめです。美顔器にもいろいろな種類がありますが、肌の奥にある角質層までじんわりと温めてくれるRF(ラジオ波)の美顔器を使うと、有効成分が肌の奥に浸透するのを助けてくれます。さらに、美顔器によるマッサージが、肌の血流をアップさせて肌トラブルの解消や美肌づくりに効果的に働いてくれるでしょう。

また、効果や有効成分が異なる美容液を重ね付けしても問題ありません。美容液を複数使うときは、テクスチャーの軽いものから順番に付けたほうが肌への浸透がスムーズです。美容液を効果的に使うためにも、正しいスキンケアを行いましょう。美容液を使うと肌が十分うるおったように感じますが、乳液やクリームのケアを省くのは控えます。そもそも美容液と乳液やクリームとでは役割が異なり、美容液だけでは油分が不十分で肌に浸透したうるおいが逃げやすくなります。ベーシックケアの仕上げである乳液やクリームで油膜をつくり、化粧水や美容液でチャージしたうるおいや美容成分をしっかりと肌にとどめましょう。

3.美容液の種類

美容液には、うるおい補給やシワ改善、美白、ニキビケア、Tゾーンの皮脂分泌緩和、さらには紫外線ブロックといったように、製品によって目的が異なります。また、テクスチャについてもさらりと軽いクリーム状から、しっとりとしたオイル状などさまざまです。自分の肌悩みやなりたい肌に合わせた美容液を選ぶためにも、美容液の種類を理解しておきましょう。

シミやくすみなどの悩みに働きかけてくれる美容液は、ビタミンCやトラネキサム酸などの有効成分が配合されており、メラニン色素の活性化を抑制し、できてしまったシミが薄くなるように働いてくれます。乾燥や小じわといったエイジングサインに働く美容液は、保湿成分や肌にハリを与える成分が配合されており、乾燥肌対策にも効果的です。

美容液はたくさんの種類があるため、どれを選ぶかで迷う人が多く見られますので、効果や効能で決めるのも手段の一つです。効果の表れ方にも個人差があるため、最低でも1カ月は使ってみて肌の変化を見てみましょう。

4.美容液の選び方

美容液は製品ごとに目的が異なるため、美容液を使う目的を明確にして適した種類を選ぶことが大切です。例えば、肌の乾燥が気になるときは、保湿に特化したヒアルロン酸やセラミドといった成分が配合されている美容液、シワやほうれい線が気になっているときは、プラセンタやコラーゲンなどの成分が使われているものを選びます。

これといった肌の悩みがなく、全体的にワンランク上の肌を目指すときには、マルチに使用できる美容液がおすすめです。例えば、オイルをベースにしたオイル美容液は、スキンケアアイテムの浸透力をアップさせるブースターやスキンケアの仕上げに使うことで、普段のスキンケアを底上げしてくれます。

美容液のテクスチャは、化粧水のようにサラリと使えるものから、こっくりとしたクリーム状までさまざまで、快適な使い心地を決める重要な要素です。季節や好テクスチャー適したテクスチャを選ぶことで、無理なく使い続けられるでしょう。

5.韓国発!見た目もかわいい美容液

美容液選びで迷ったら、美容大国韓国発祥の見た目にもかわいらしい美容液もおすすめしたい製品の一つです。肌のコンディションやなりたい肌に合わせていくつかの種類があるので、その中でも特におすすめの美容液をご紹介します。「プロポリス アンプル」は、プロポリスを配合し、肌にツヤとうるおいを与えてくれるのが大きな特徴です。また、ヒアルロン酸が長時間肌に水分をとどめてくれるので、しっとり感が長続きします。
CNP

CNP
プロポリスアンプル
¥2,750(税込)



「シカエッセンス」は多くの化粧品に配合されているツボクサと呼ばれるハーブの抽出物が配合されています。肌を保湿し、肌に優しいため、敏感肌の方にもおすすめの美容液です。
THE POTIONS
シカエッセンス
¥1,320(税込)



「H9ヒアルロニックアンプルシナジーソリューション」はあらゆる肌トラブルを引き起こす原因となる乾燥肌対策に特化しています。高い保湿力を持つ成分として知られているヒアルロン酸を90%も配合しており、肌にたっぷりとうるおいを届けてくれます。
JM SOLUTION
H9ヒアルロニックアンプルシナジーソリューション
¥1,100(税込)



「C9コラーゲンアンプルシナジーソリューション」はコラーゲンとヒアルロン酸をフリーズドライしたキューブを溶解した美容液です。弾力やみずみずしさが失われた肌にハリとツヤを与えてくれます。

JM SOLUTIN
C9コラーゲンアンプルシナジーソリューション
¥1,100(税込)


スペシャルケアに美容液を取り入れよう

ベーシックスキンケアで肌のコンディションを良好に保てますが、肌の悩みを解消し理想の肌に近づくためには美容液を使ったスペシャルケアがポイントです。美容液はたくさんの製品が販売されていますが、韓国コスメは日本人の肌にもなじみやすく、高い美肌効果が期待できます。『KOREAJU』ではほかにも多数の韓国発の美容液、さまざまなスキンケアアイテムやコスメを取り揃えていますので、チェックしてみましょう。