化粧水と乳液を使う順番って?スキンケア用品の使い方をマスターしよう!

美肌を目指すならしっかり保湿をすることが大切ですが、化粧水や乳液を何となく使っている人も多いのではないでしょうか。肌がうるおえば大丈夫と化粧水だけ、乳液だけを使っている人もいるかもしれません。しかし、化粧水と乳液は役割が違うだけでなく、正しい使い方の順番があります。そこで、それぞれの実力が十分発揮されるように、化粧水と乳液の役割や正しい使い方を確認しておきましょう。

1.まずはスキンケアの役割を知ろう

まずは、化粧水や乳液のほか、スペシャルケアの役割についてご紹介します。

化粧水

1-1.化粧水

化粧水は肌に水分を補給して、うるおいを与える役割があります。皮脂や汚れを洗い流した洗顔後の肌はとってもデリケート。油分だけでなく水分も失っているため、水分補給が必要です。一般的に、肌はうるおいがなくなるとバリア機能が低下するため、うるおいは欠かせません。また、化粧水には導入液のような役割もあります。肌は水分で満たされていると柔らかくなり、次に使うアイテムが浸透しやすくなるのです。

1-2.乳液

乳液には水分と油分の両方が含まれており、水分が蒸発してしまわないように油分で蓋をする役割があります。また、乳液に含まれる油分が角層を柔らかくして、ふっくらとしたなめらかな肌にしてくれます。ちなみに、油分で蓋をするアイテムは乳液のほかにクリームがありますが、クリームはより油分が多いのが特徴です。使い方は乳液とクリームの両方使うことを推奨している、どちらか片方のみ、朝と夜で使い分けるなど、メーカーによって異なります。肌の状態は人それぞれなので、季節やコンディションに合わせて使い分けてもよいでしょう。

1-3.美容液

美容液

美容液は乾燥や毛穴、ハリの低下など肌の悩みに集中的にアプローチするアイテムで、スペシャルケアとして使用します。肌の悩みに合った美容成分がたっぷり含まれているため、特定の悩みがある人はぜひ取り入れたいアイテムです。基本の化粧水と乳液だけでなく、目的に合わせたケアができる美容液を使うことでワンランク上の肌を目指せます。ちなみに、美容液をたっぷり染み込ませたシートマスクもあります。顔全体を覆うタイプだけでなく、目元や口元などパーツ専用のシートマスクもあるのでチェックしてみてください。

2.化粧水と乳液は両方必要なの?

化粧水と乳液は両方必要なのか疑問に感じてしまうかもしれません。確かに、それぞれの特徴をみると化粧水で肌はうるおいますし、乳液には水分と油分が含まれているためどちらか一方でも問題ないような印象です。しかし、化粧水と乳液は役割自体が異なるため、どちらか一方では力を発揮できません。まず、化粧水によって角層が水分に満たされることで肌が柔らかくなり、乳液が浸透しやすくなります。また、乳液を使うことで肌の水分が蒸発するのを防ぎます。つまり、肌のうるおいを保つためには、お互いになくてはならない存在なのです。

さらに、肌は乾燥するとバリア機能が低下して、外からの刺激に弱くなってしまいます。バリア機能が低下すると肌トラブルが発生しやすくなるので、バリア機能を保つためにも化粧水と乳液どちらも使用して肌のうるおいを保つことが大切です。ちなみに、オイリー肌の人や肌がべたつきやすい夏でも、水分の蒸発を防ぐために乳液は必要です。乳液をつけずに肌の水分が蒸発して乾燥すると、肌はうるおいを守るために余計に皮脂を分泌するようになるからです。

3.どっちが先?化粧水と乳液の順番とは

化粧水と乳液は使用する順番もポイントです。洗顔後の肌に水分補給をしてから油分で蓋をするという観点から、最初は化粧水で次に乳液を使用します。ただし、メーカーによっては先行乳液といって、化粧水の前に使用するタイプの乳液もあるので注意が必要です。先行乳液には洗顔後の乾燥している肌を柔らかくして化粧水を浸透しやすくさせる役割があります。油分で蓋をする乳液と先行乳液とでは水分と油分のバランスが異なるため順番を間違えると実力が発揮できません。使用方法をよく読んで正しい順番で使いましょう。

なお、美容液は化粧水と乳液の間に使います。乳液の油分で蓋をしてしまってから使用すると、美容成分が浸透しにくくなるからです。シートマスクを使用する場合も、美容液と同じように化粧水と乳液の間に使います。美容液とシートマスク両方を使用したい場合は、美容液を塗ってからシートマスクを使用して、美容液を浸透させましょう。それから、油分が多く含まれているクリームを使う順番は、スキンケアの最後です。自分の使っているアイテムがどの順番か迷ったときは説明書を確認し、それでも分からない場合はサラッとしたテクスチャーのものから順番に使ってみてください。

4.化粧水と乳液の正しい使い方

ここからは、化粧水と乳液の正しい使い方をそれぞれご紹介します。

4-1.化粧水はたっぷり使うのがポイント

化粧水はたっぷり使うのがポイントで、500円玉大くらいの量を目安にします。高価な化粧水を使用している人のなかには少しずつ使っている人がいるかもしれませんが、使用量が少ないと肌が十分にうるおいません。また、肌を摩擦して刺激を与えてしまうため、化粧水は少なくならないよう気を付けましょう。化粧水を手のひらに出したらやさしく伸ばしてパーツごとに丁寧になじませます。目元や小鼻の周り、口元は忘れがちですが、乾燥しやすい部分なので注意が必要です。

また、肌にたたきこむようにパッティングしたり擦りつけたりするのは肌を傷める原因です。あくまでもソフトに、大切なものを扱う気持ちでなじませてみてください。コットンを使う場合は、化粧水をたっぷり染み込ませてから繊維の流れに沿って肌になじませます。ちなみに、一度化粧水をなじませたら新しいコットンに化粧水をたっぷり染み込ませ、薄く2枚に裂けばコットンマスクの完成です。うるおいをアップさせたい部分にのせてコットンが乾かないうちに取り除けば、気になるパーツにさらにうるおいを与えます。化粧水をつけ終わったら手のひらを顔全体にあててハンドプレスをして完了です。

4-2.乳液は乾燥しやすい場所からなじませよう

乳液の使用量はさくらんぼ2つ分が目安です。浸透しやすくなるように、手に取ったら両手を合わせて軽く温めてからなじませます。乳液には化粧水の蒸発を防ぐ役割があるので、乾燥しやすい頬や目元からつけましょう。皮脂の分泌が盛んな額から鼻にかけてのTソーンは最後に少しずつつけるのがポイントです。手のひらに乳液が余ったらデコルテにつけると無駄にならないうえに、デコルテまでケアできます。乳液は手でつけるのがよいのですが、化粧水と同じようにコットンマスクにすることも可能です。乳液のコットンマスクは、特に乾燥が気になる部分に使用しましょう。

5.肌タイプに合わせよう!化粧水と乳液の選び方

化粧水と乳液を選ぶ際は、季節ごとの肌悩みに合わせたり理想の肌に近づけるものにしたりします。例えば、透明感のある肌が理想なら美白ラインを選びましょう。ほかにも、毛穴や乾燥のほかニキビや敏感肌などそれぞれの肌悩みに合ったラインを選びます。なお、化粧水の保湿成分はさまざまで、成分によってテクスチャーも異なります。代表的な保湿成分はグリセリンやBG、加水分解ヒアルロン酸などです。グリセリンはしっとり、BGはさらっと、加水分解ヒアルロン酸はとろみのあるテクスチャーです。

また、乳液にもいくつか種類があります。肌のうるおいを守る保湿に特化した保湿乳液のほか、オイリー肌人向けの皮脂を抑制してくれるタイプ、UV乳液、ティント乳液などです。UV乳液とティント乳液は朝のスキンケアに使用するタイプ。UV乳液は保湿とともに紫外線ケアができ、ティント乳液はほんのり色がついていて化粧下地としての役割も果たします。

化粧水と乳液をうまく使って元気な肌を目指そう!

化粧水と乳液を正しく使えば、肌悩みにアプローチして生き生きした肌を目指せます。化粧水も乳液もそれぞれ役割が異なるため、どちらが欠けてもいけません。どちらも適切な量を使って肌のうるおいを守りましょう。とはいえ、化粧水や乳液は種類が多すぎて、自分にはどれが合うのか迷ってしまいますよね。韓国コスメサイト「KOREAJU」なら、肌悩みに合わせてアイテムを選べます。早速自分にぴったりのアイテムを探してみてください。